hu6bemse7222’s diary

新卒が教養を学んでみた

絶対的な勝ち方

目の前のことにしか時間を割かないから

日本のビジネスマンは腐っていくんだよ。

 

目の前の出世のためにゴルフをするとか、

自分を1ベンチャー企業として、何に投資するかを考えないと。まずはユーザーを集めるといった、何を身につけるかだと思う。

仕事を一生懸命頑張る奴が成長するとは全く思わなくなってきた。

 

常にレバレッジを聞かせることだ考えないと。

営業はマーケティング

① 数字を使わないと、上司を黙らせることができない。

最近意思決定をするときに「なんとなく」になっている気がする。

 

上司を納得させるためには数字で話をしなくてはいけない。

そうでないと事業や新しいことを任せてくれることはない。

ただの批判したいだけ、けどその批判を跳ね返すには数字を用いないといけない。

数字は客観的な事実だから。

 

 

全米は泣かない

福部明宏

「煮詰まっても一度形にする。」

そうすれば何が足りないか見えてくる

 

又吉

「広告コピーは

無差別に狙いに行くんじゃなくて、その商品に会う人がこっちを向くような言葉を提示してあげる」

 

澤本よしみつ

クリエイティブに一番必要なのは、

インプット。

過去の広告を知っていることで、アウトプットができる。たくさん聞いて、みて、天才じゃないからインプットするしかない。

 

 

 

 

35周年

2019年に東京ディズニーシーに大型アトラクション「ソアリン(仮称)」を導入し、2020年(予定)に東京ディズニーランドに「美女と野獣エリア(仮称)」を中心とした複数施設が開業を迎えることを説明した後、「その先も両パークのさまざまな開発計画を模索。現在、パークの拡張を検討している」と明言した。

 

「セレブレーションストリート」

ひとつは<プリンセスバージョン>で、ディズニー映画『シンデレラ』『塔の上のラプンチェル』『アラジン』『美女と野獣』をイメージした映像と音楽が流れ、もうひとつは<アドベンチャーバージョン>で、デイズニー映画『ピーター・パン』『リトル・マーメイド』『ライオン・キング』をイメージした映像と音楽が流れ、音楽とともに夢と魔法にあふれたディズニー世界を創出。ディズニーならではの演出は一見の価値ありだ。

プレスプレビュー時点でプロジェクションマッピングは「プリンセスバージョン」と「アドベンチャーバージョン」の2種類。

 

セレブレーションストリートは天井から中央、音や光も含め全方位型デコレーションを施して、デコレーションに包まれているような空間を目指しました。

 なぜこの場所を選んだのかも実は明確な理由があります。1つ目は、東京ディズニーランドのオープニングセレモニーを行なった場所でもあり、我々にとっても特別な場所。そして、言い換えればここから夢と魔法が始まり、そして広がりずっと続いていることになります。ですので、この場所から途切れることなく未来へつながることを表現したかったのです。2つ目は、パークの構造上すべてのゲストがこの場所を通ります。ですから、できるだけ多くのゲストに特別な体験をしていただきたいという思いがありました」

 

セレブレーションタワーの土台部分には、白雪姫からモアナまでディズニー映画のキャラクターたちが描かれています

 

新パレード「ドリーミングアップ」

約2年ほどかけて作り上げ、遂にお披露目となったパレード。

アメリカのディズニーと共同で作った」という「ドリーミング・アップ!」

 

新しいパレードのテーマは『夢を見る』。35年間東京ディズニーリゾートは夢と魔法を皆さまに届けて参りましたが、今回は『その夢をもう一度一緒に皆さまと見ましょう!』と

 

ポップかつパワフルな音楽と共に、フロート13台と約55人のキャラクターが登場するこの新パレードは、見ている人をとにかく前向きな気持ちにさせる! どんなにつらい失敗をした人でも、どんなに大きな悩みを抱えている人でも、このパレードを見れば「明日、ちょっとがんばってみようかな」ときっと思えるはず。

パレード初登場の『ベイマックス』のキャラクターたちを見られるので、そこも要チェックだ。

パレードの先頭をきるのは、ホスト役のミッキーマウス。愛犬プルートとともにディズニー映画「ファンタジア」をモチーフとした魔法の帽子やペガサスの造型が施された夢の船に乗り、今にも舞い上がりそうな雰囲気で登場。船首部分には東京ディズニーリゾート35周年のロゴもデコレーション。まさに未来への船出を感じる一艘となっている。「~夢の世界への入り口~」をテーマにディズニーの夢の扉を開き、その世界へと案内してくれるのだ。

 

 

「イッツアスモールワールド」

イッツ・ア・スモールワールド」がこのたび大幅リニューアルされた。

ピーターパンやラプンツェルなどのディズニーキャラクターが多数登場したり、ディズニー映画の名曲が『小さな世界』の曲に織り込まれていたりと、ディズニーファンにたまらないパワーアップを遂げている。

 

イッツ・ア・スモールワールド」には約40体のディズニーキャラクターが加わり、東京ディズニーランドの新たな定番アトラクションに生まれ変わり。

 

スモールワールド館内に伸びる道は、
今まで壁はただのクリーム色一色の殺風景なものでしたが、
世界中の国の風景と子供を描いたイラストが飾られていたり、
スモールワールド独特の雰囲気をあしらった可愛らしい模様が描かれ、
並ぶ時見るのが楽しくなってきます。

 

「色がビビッドになった!」
「絵本の世界が目の前に迫ってくる!」
「本当にキャラクターがそこにいるみたい!」

 

キーライトが斜め下からではなく、斜め上からの光になり、より立体になっている。

光が原色のライトではなく、淡いライトが使われていることで、よりカラフルに見える。

 

最新のスピーカーを使っている。?

見事に低音は迫力があり、高音はすっきりし、
低い音から高い音まで極めて美しく耳触りのいい音響。
しかも指向性がなく、まるで本当に人形の口や楽器から音がなっていると錯覚するほど

 

・35周年テーマソングがマジで泣ける
東京ディズニーリゾートの35周年テーマソング『BRAND NEW DAY』は、ワールドバザールの「セレブレーションストリート」や、ディズニーシーの35周年水上グリーティングなどで聞けるのだが、この曲がマジの感動!!

 

「食べ物」

35周年にかけて約35センチのソーセージを挟んだ「ロングソーセージドッグ」が展開。インパクト抜群のメニューは、フレンチフライポテト、ドリンクとセットになって東京ディズニーランド「リフレッシュメントコーナー」にて提供される。また、食べるのもったいないほど可愛らしい「ミッキーパン」もラインナップ。耳の部分には35周年のロゴマークがあしらわれている

1986年から販売されているチョコクランチですよね

 

夜のCelebrate! Tokyo Disneyland。

 

初のキャッスルプロジェクションショーとなった「ワンス・アポン・ア・タイム」からの進化に期待する声が多く寄せられました。
特に、新たな特殊効果として登場する「噴水」を楽しみにしている方が多いようです。

 

 

なるほどデザイン

 

連想力

デザインに必要なカタチ、色、質感は

まずは連想されるもの、言葉やモノを並べる。

そこからデザインを決めていく。

何色?がいいか水気を感じるーとか、

褪せたいろーとか。

 

虫メガネ

細部のデザインを治す

タイトルと写真を斜めにすると勢いが出る。

ヨガ→イメージに合うよう、テキストを柔らかくする。

記号を♦︎にした方が目に付きやすい